100320。ありがとう

寮の管理人のおばあさんからおつりとネット料金カードをもらって
「ありがとう」っていったとき
そっと 古い友人のことを思い出した

その友人は小学校から中学までのクラスメイトでした
でも親しくなったのは高三のごろ
僕はいつも愛想悪くで 人との付き合いに苦手で
あまり友達がいなっかた
そして彼は僕の信じれる唯一の友人になった 本人は知らないけど カッコ笑い/v\

あのごろ僕の「ありがとう」は盾みたいなものとして使ったのです
なんでも「ありがとう」と返事にすれば一切OKと思ったんだ
そして彼と友達になり始めたのごろ 僕も彼に何かをやってもらったら 必ず「ありがとう」を言う
そうしたら 彼も必ず「何度もいったんじゃ ありがとうは止せって みずくせし 今度こんなこと言ったら絶交するぞ= =」と言い返す まあ 絶交など一度もない カッコ笑い/v\

いつのまにか 彼の頑固さにまけて 僕は「ありがとう」をやめた
しようがないって顔だが こころは笑ってる
そして あたたかい

いまは別々の大学に入った
この三年間 彼と会うこともあまりなかった
去年あったとき 彼は元気そうで 彼女もできたのです
ほんとうに何よりと思った

なさけないと思うが いまでも 彼は僕の唯一の友人であった(建前の友達は別だ/.\

ありがとう

题目 : 落ちる
博客分类 : 日记心得

发表留言

秘密留言

自我介绍

qjhtc

Author:qjhtc
ただ落ちているだめ人間

ブログペット
最新文章
最新留言
twitter
月份存档
类别
最新文章
FC2计数器
あれ
ボトルメール
©PETAPPA
自由区域
名言


presented by 地球の名言
搜索栏
RSS链接
链接
加为好友

和此人成为好友

自由区域